チャンネル文字看板

チャンネル文字、箱文字、切文字、カルプ文字の違い解説

    チャンネル文字、箱文字、切文字、カルプ文字の違い解説

    このページでは、看板に使われる文字【チャンネル文字】【箱文字】【切文字】【カルプ文字】の違いをご説明いたします。

    それぞれのメリット・デメリットや、看板文字の選び方も紹介しているので、看板文字選びの参考にしてください。

    関連記事チャンネル文字の記事一覧

    看板文字の違い一覧表

    文字の種類解説
    チャンネル文字(箱文字)チャンネル文字金属などの素材を折り曲げたり、溶接したりして作られた、厚みのある立体的な文字。中が空洞になっており、LEDライトを仕込むことで、文字を光らせることができる。
    箱文字チャンネル文字のこと。チャンネル文字の別称。
    切文字切文字金属などの素材を、文字のかたちに切り抜いて作られた立体的な文字。素材の厚みがそのまま文字の厚みになる。
    カルプ文字カルプ文字「カルプ」という素材を使った切文字の一種。「カルプ切文字」とも。「カルプ」とは発泡ウレタン樹脂のことで、密度の高いスポンジのような素材。軽く、金属製より安価だが屋外だと劣化しやすく、屋外設置には向かない。

    どれも看板に使われる立体的な文字の種類です。

    看板文字は、中が空洞になっているタイプと、空洞になっていないタイプに大別されます。

    中が空洞になっているタイプは【チャンネル文字】といいます。【箱文字】と呼ばれることもあります。

    中が空洞になっていないタイプは【切文字】といいます。中でも、カルプを使った切文字を【カルプ文字】といいます。

    看板文字の種類解説|メリット・デメリット

    看板文字の3つの種類 チャンネル文字(箱文字) 切文字 カルプ文字

    チャンネル文字(箱文字)、切文字、カルプ文字の、それぞれのメリット・デメリットを詳しく説明します。

    チャンネル文字(箱文字)

    • チャンネル文字の見本①
    • チャンネル文字の見本②
    メリット
    • ステンレス製は錆びにくい
    • 文字を発光させることができ、バリエーションも豊富
    • 発光タイプは暗い場所でも視認性が高い
    デメリット
    • 中が空洞とはいえ、それなりに重い
    • 発光タイプは電源が必要
    • 設置には電気工事の資格が必要

    チャンネル文字(箱文字)は、主に金属を折り曲げたり、溶接したりして作られた、中が空洞になっている厚みのある看板文字です。

    中の空洞にはLEDライトを仕込むことができ、文字を光らせることができます。夜間や暗い場所での視認性に優れているのが特徴です。

    また、正面だけを光らせたり、背面だけを光らせたり、光の色を変えたりとバリエーションが豊富で、表現の幅が広いのも特徴です。

    チャンネル文字(箱文字)の詳細は下記の記事を参考にしてください。

    関連記事チャンネル文字看板(箱文字)とは?製作費/製作期間など解説

    なお、チャンネル文字(箱文字)は弊社でお取り扱いしております。

    価格には自信がありますので、ぜひご検討ください。

    切文字

    • 切文字の見本①
    • 切文字の見本②
    メリット
    • ステンレス製は錆びにくい
    デメリット
    • 同じ厚みのチャンネル文字より重い

    切文字は、金属などの素材を文字のかたちに切り抜いた看板文字です。素材の厚みがそのまま文字の厚みになります。

    切文字は中が空洞ではないので、同じ厚みのチャンネル文字と比べると重いです。

    そのため、厚みのある立体的な文字ではなく、厚みのない薄い文字を使いたい場合に選ばれます。

    切文字は、夜間や暗い場所での視認性を確保する場合、ライトアップされることが多いです。光の角度にもよりますが、他の看板文字より薄い分、綺麗な影を落とすことができます。

    カルプ文字

    • カルプ文字の見本①
    • カルプ文字の見本②
    メリット
    • 軽く、接着剤で固定するため設置しやすい
    • 金属製の看板文字より安価
    デメリット
    • 屋外に設置すると劣化しやすい
    • 屋外使用のために塗装すると高くなりやすい

    カルプ文字は、カルプという素材を文字のかたちに切り抜いた、切文字の一種です。

    カルプとは発泡ウレタン樹脂のことで、密度の高いスポンジのような素材です。金属を使った看板文字と比べると、カルプ文字は安価なのが特徴です。

    また、軽いため、厚みのある看板文字にも向いています。

    カルプ文字は表面にカッティングシート(カラーシート)を貼ることもできるため、お好きな色にすることができます。金属のような見た目のシートを貼れば、金属製の文字のようにすることもできます。

    ただし、カルプ文字は屋外に設置すると、紫外線や雨風で劣化しやすいです。カルプは劣化すると、痩せて小さくなっていきます。

    劣化を防ぐために塗装するとなると、別途塗装の料金がかかるため、カルプ文字よりもチャンネル文字などのほうが安くなるケースもあります。

    そのため、カルプ文字は屋内設置向きの看板文字だといえます。

    オススメの看板文字|看板文字の選び方

    どの看板文字を選べばいいか迷っている方に、オススメの看板文字をご紹介します。

    文字を光らせたいなら【チャンネル文字(箱文字)】

    文字を光らせたいならチャンネル文字

    文字を光らせたいなら【チャンネル文字(箱文字)】を選びましょう。

    文字を光らせることで看板が目立ち、夜間や暗い場所でも視認性・可読性が高くなります。

    白い光による清潔感や、厚みによる重厚感・高級感が出るので、クリニックや高級感のあるバー等と相性が良いです。

    薄い文字にしたいなら【切文字】

    薄い文字にしたいなら切文字

    厚みのない、薄い文字にしたいなら【切文字】がオススメです。

    切文字自体を発光させるのは難しいですが、ライトアップすることで夜間や暗い場所での視認性を補うことができます。

    厚みのある文字にしたいなら【チャンネル文字】か【カルプ文字】

    厚みのある文字にしたいならチャンネル文字かカルプ文字

    厚みのある文字にしたいなら【チャンネル文字(箱文字)】か【カルプ文字】のどちらかを選びましょう。

    カルプ文字は屋外設置に向かないので、屋外に設置するならチャンネル文字(箱文字)がオススメです。

    反対に屋内に設置するのであれば、比較的安くて軽いカルプ文字を候補に入れるといいでしょう。

    まとめ

    看板文字の3つの種類 チャンネル文字(箱文字) 切文字 カルプ文字
    看板文字のまとめ
    • 【チャンネル文字】は中が空洞の金属製の文字のこと
    • 【箱文字】はチャンネル文字の別称
    • 【切文字】は素材をそのまま切り抜いた文字のこと
    • 【カルプ文字】はカルプという素材の切文字のこと

    それぞれにメリット・デメリットがあるので、用途に合った看板文字選びが大切です。

    迷ったら、チャンネル文字(箱文字)から検討するのがオススメです。

    チャンネル文字(箱文字)は視認性・耐久性・費用対効果など、バランスに優れた看板文字です。

    関連記事チャンネル文字の記事一覧

    お問合せ/お見積りはこちら