チャンネル文字看板

チャンネル文字の背面発光(バックライト)紹介!まるで間接照明

    チャンネル文字 背面発光 間接照明のようなチャンネル文字の魅力

    このページでは、背面発光(バックライト)のチャンネル文字看板(箱文字)をご紹介します。

    関連記事チャンネル文字の記事一覧

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)とは?

    チャンネル文字看板(箱文字) 背面発光タイプ バックライト 後面発光

    チャンネル文字(箱文字)の背面発光(後面発光/バックライト)とは、正面と側面は発光せず、背面だけが発光しているタイプのチャンネル文字看板(箱文字)です。

    背面だけが発光することで、壁を照らす光が文字の輪郭をくっきりと浮かび上がらせ、チャンネル文字本体と壁との間から間接的な光が見えるため、上品で柔らかな印象を与えるのが特徴です。

    間接照明のような高級感と、正面/側面の非発光面による立体的な重厚感が人気のチャンネル文字です。

    また、壁面を照らすので、壁面によって印象が変わるのも特徴です。凹凸のある壁や、マットな壁面は光が綺麗に広がるため相性が良いです。

    まとめると、下記のようになります。

    背面発光の特徴まとめ
    • 間接的な光で文字の輪郭はくっきり
    • ふんわりとした光で柔らかな印象を与える
    • 間接照明のような上品な高級感がある
    • 正面/側面の非発光面による立体的な重厚感がある
    • 設置する壁面によって印象が変わる

    背面発光は間接照明のようなチャンネル文字

    背面発光(バックライト)のチャンネル文字看板(箱文字)は、背面だけが光っているため、チャンネル文字と壁との間から柔らかな光が見えます。

    これは間接照明と同じ仕組みで、光が壁に当たって反射することで、柔らかな光が発せられます。目にも優しく、上品な、高級感のあるチャンネル文字になります。

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)のメリット

    チャンネル文字 背面発光のメリット 間接的で目に優しい柔らかな光 間接照明のような高級感のある雰囲気 立体的な非発光面による重厚感のあるデザイン

    背面発光(バックライト)のチャンネル文字看板(箱文字)には、下記のメリットがあります。

    背面発光のメリット
    1. 間接的で目に優しい柔らかな光
    2. 間接照明のような高級感のある雰囲気
    3. 立体的な非発光面による重厚感のあるデザイン

    メリット① 間接的で目に優しい柔らかな光

    チャンネル文字看板(箱文字) 背面発光のメリット 間接的で目に優しい柔らかな光

    正面発光や側面発光のチャンネル文字(箱文字)とは違い、背面発光(バックライト)は発光面が直接見えないため、間接的な光になります。

    壁に反射した光は目に優しく、柔らかな光になるため、優雅でリラックスした雰囲気を出せるのが特徴です。

    メリット② 間接照明のような高級感のある雰囲気

    チャンネル文字看板(箱文字) 背面発光のメリット 間接照明のような高級感のある雰囲気

    壁に反射した光は、チャンネル文字(箱文字)の縁を柔らかく照らし、まるで間接照明のような高級感を出すことができます。

    また、居酒屋のような大衆感よりも、バーのような高級感を出したいお店や、歯医者やリラクゼーションサロン等の清潔感を出したいお店と相性が良いのが特徴です。

    メリット③ 立体的な非発光面による重厚感のあるデザイン

    チャンネル文字看板(箱文字) 背面発光のメリット 立体的な非発光面による重厚感のあるデザイン

    正面/側面は非発光面となるため、立体的で重厚感のあるチャンネル文字(箱文字)が、間接的な光によって、壁から浮き出しているように見えます。

    重厚感と高級感を両立できるのが、背面発光(バックライト)の大きなメリットのひとつです。

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)のデメリット

    背面発光(バックライト)にはデメリット、欠点もあります。

    背面発光のデメリット
    1. 角度によっては固定ボルトが見える
    2. 鏡面などの壁は反射して裏側が見える

    デメリット① 角度によっては固定ボルトが見える

    背面発光のチャンネル文字看板(箱文字)は、チャンネル文字と壁の間に隙間を作って、そこから間接的な光を出すデザインになっています。

    チャンネル文字 背面発光のデメリット 固定ボルトで壁面から間を設ける

    チャンネル文字と壁の間に隙間を作るのに固定ボルトを使うのですが、チャンネル文字を見る角度によっては、固定ボルトが見えてしまいます。

    チャンネル文字看板(箱文字) 背面発光のデメリット 固定ボルトが見えてしまう

    背面発光の仕組み上、固定ボルトを完全に見えないようにするのは難しいので、「背面発光は、見る角度によっては固定ボルトが見えることがあるもの」だと割り切って選びましょう。

    デメリット② 鏡面などの壁は反射して裏側が見える

    背面発光のチャンネル文字(箱文字)は、鏡面などの壁とは相性が悪く、反射してチャンネル文字の裏側が見えてしまいます。

    チャンネル文字看板(箱文字) 背面発光のデメリット 反射して裏側が見えてしまう

    弊社の背面発光のチャンネル文字は、背面にアクリル板を貼っているので、チャンネル文字の裏側が見えても、LEDの輝点がはっきりと見えることはありません。

    チャンネル文字 背面発光のデメリット 裏面のアクリル板

    とはいえ、裏側の発光面は見えない前提で作られているので、鏡面などの壁に設置するのは避けたほうがいいでしょう。

    背面発光のチャンネル文字看板は、凹凸のある壁やマットな壁面と相性が良いです。

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)の用途例

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)の用途例 商業施設や店舗 イベントや展示会 ロビーやオフィス

    背面発光(バックライト)のチャンネル文字看板(箱文字)には、下記の用途があります。

    背面発光の用途例
    1. 店舗の上品な雰囲気の看板に
    2. イベントでブランドの高級感/清潔感のアピールに
    3. ロビー等の主張しすぎない案内に

    用途例① 店舗などの上品な雰囲気の看板に

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)の用途例 商業施設や店舗

    チャンネル文字看板(箱文字)を店舗や商業施設の看板に使用するのは、定番の用途のひとつです。

    背面発光(バックライト)は、発光面が直接見えないタイプとはいえ、夜間など暗い場所での視認性は非常に高く、高級感のある看板がお客様の目を引きます。

    用途例② イベント等でブランドの高級感/清潔感のアピールに

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)の用途例 イベントや展示会

    イベントや展示会でも看板の文字が優雅に輝くことで、イベントブースを目立たせたり、ブランドのアピールに繋がります。

    夜間でも視認性が高いので、夜のイベントや、会場が暗めの展示会とは特に相性が良く、高級感や清潔感をアピールできます。

    用途例③ ロビー等の主張しすぎない案内に

    チャンネル文字看板(箱文字)|背面発光(バックライト)の用途例 ロビーやオフィス

    主張しすぎない背面発光(バックライト)のチャンネル文字看板(箱文字)は、ロビーやホールなどに誘導する屋内外の案内看板にも向いています。

    イベント会場や展示会場はもちろん、ホテルのロビーやレストランのエントランス、ショッピングモール、オフィスビルなど、案内看板が活用されるシーンは多岐にわたります。

    まとめ

    チャンネル文字看板(箱文字) 背面発光タイプ バックライト 後面発光
    背面発光の特徴まとめ
    • 間接的な光で文字の輪郭はくっきり
    • ふんわりとした光で柔らかな印象を与える
    • 間接照明のような上品な高級感がある
    • 正面/側面の非発光面による立体的な重厚感がある
    • 設置する壁面によって印象が変わる

    背面発光(バックライト)のチャンネル文字看板(箱文字)は、高級感と重厚感のあります。

    弊社でも人気のタイプのひとつで、店舗の看板、イベントや展示会、ホテルやレストランのロビー、エントランス、オフィスビル等と相性が良いチャンネル文字看板です。

    詳しい仕様は製品詳細ページでご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

    詳細背面発光のチャンネル文字看板(箱文字)の詳細はこちら

    お問合せ/お見積りはこちら